スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプーンで、移しかえの練習 -

トングの練習お箸の練習はまだむずかしそうですか?

鉛筆やはさみを使うには親指・人差し指・中指の3本の指の力が必要ですが、手のひら 全体の力も必要です。トングの練習お箸の練習の前にたくさんやらせてあげたい活動のひとつで、娘が本能的に握力を強化したがった時期(2~4歳頃)に好きだった≪なんちゃって≫モンテッソーリ教材は、豆の移し変えです。
 009102c4.gif 009102c4kara.gif

★対象年齢: 2歳、3歳、4歳~
★用意するもの
容器2つ
豆 (初めはお米がやりやすいです)
スプーン
トレー(道具類はひとつのトレーにまとめて、場所を移動しても活動しやすいようにしておきます)

★準備
左側の容器にお豆(お米)を入れておきます。右は空っぽ

★提示(右利きの場合の見せ方)
①親が右利きの場合、手元がよく見えるように子どもを左側に座らせ、「お豆(お米)の移し変えをするね」と活動の名前と使う道具の名前を知らせます。

②「指でつままないで、スプーンを使ってやってみよう」とちょっと釘をさしておきましょう’(笑)。

③「見ててね」と左の容器を軽く左手で支え、右手のスプーンで、左容器の豆をすくい、右の容器に移し替えます。
子どもにとっては、豆が逃げていくところ、豆が容器に落ちるときに鳴る音が興味点です。
・豆がスプーンからこぼれてしまったときの対応もあらかじめ提示してあげるとわかりやすいですね。

④「たくさん出来たね」等と語りかけ、「やってみる?」とたずねます。「やる!」とノってきたら子どもに活動させます。「(今日は)いい」と子どもが応えたら、子どもを尊重してまたの機会に。


にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ 応援ポチっとお願いします!
Ctrlキーを押しながらポチっとすると、画面が飛ばずにポチできます(^^)
関連記事

テーマ : 早期教育・幼児教育
ジャンル : 育児

★プロフィール

Mari

「のら犬」の由来は、住宅街を散歩/自転車で散策するのが大好きで、何でも美味しくいただき、食が太く早喰いなところから。モンテッソーリ教育教師養成校卒。娘はモンテッソーリ教育の幼稚園卒。児童養護施設、児童館、乳幼児サロン、幼児音楽療法教室他で活動中。小学生向けワークショップの企画、寺子屋運営もしています。

★応援ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ 
★最新記事
★インデックス
★読みたい記事を探す

★★★全記事一覧リスト★★★

★カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
★リンク
★Ads
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。