スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家中が玉結びの標的に!(笑)

今日は、“100円ショップの1穴パンチが教材に!”の続編その①。

親指・人差し指・中指の3本の指を鍛えたい時期(2歳~4歳頃)に娘がはまった、家庭で作れるモンテッソーリ教育風の活動(お仕事)で、お裁縫の玉止めにつながっていく、「玉結び」のご紹介です。
“家中が玉結びされる” 0220今日のお仕事
日本語としては変ですが、先輩ママたちは共感してくれるに違いない(笑)。
実際に、娘が玉結びを覚えた頃の我が家の中は、あらゆる紐がいつのまにか玉結びされていました。パパのスウェットの紐も、ダイニングの椅子カバーの紐も、とにかく目に付く紐という紐は玉結びされました。たくさんやって、上手に、速く出来るようになりたかったんでしょう(^^)。出来たときの達成感も、心地よかったに違いないと思います。これが敏感期か!って感じでした。

★対象年齢: 3歳、4歳
(娘が通っていたモンテッソーリ教育の幼稚園では、年少さんに大人気のお仕事。)

★材料
・穴あけパンチで穴が開けられた画用紙
・毛糸
・トレー

★準備
“100円ショップの1穴パンチが教材に!”を参考に、画用紙を適当な形に切って、穴をあけておきます。
・毛糸は扱いやすい長さに切っておきます。
・材料はトレーの上にひとまとめにして、場所を移動しても活動しやすいようにしておきます。

★提示(見せ方)
親が右利きの場合、手元がよくわかるように子どもを親の左側に座らせ、「見ててね」のあとは語らずにゆっくりと見本を示します。

①毛糸を半分の長さに折ります。
②半分に折った毛糸の、ループを親指・人差し指・中指の三本の指でつぶすようにつまみます。
③左手で画用紙を持ち、パンチ穴の中央にループを通し、抜ききらずに途中で止めます。
④パンチ穴から出ているループの丸穴に、毛糸の両端を一緒にくるりと押し込み、抜けたらひっぱります。(ここが難しいのだけど、それが同時に子どもの興味を惹きつけるところ!)
⑤繰り返します。「やってみる?」と尋ねます。
「(今日は)やらない」と子どもが応えたら子どもを尊重して、またの機会に!

道具一式を元にあった場所に戻して、終了。

★MEMO
・しおりが出来たら、おじいちゃん・おばあちゃんに記念に(?)差し上げるのはどうかな。
・集中して繰り返すとどんどん上手にどんどん早く出来るようになり、そして完成時には達成感や満足感が得られて精神が正常化するので、繰り返し出来るデザインがお勧めです。

・が、初めはしおり(上の写真の雪だるまや動物)など穴の少ないものから始めて、徐々に(写真のおひさまのように)穴の数を増やしてあげると子どもに優しいと思います(^^)。
himotooshi.jpg
・季節に合わせた図案や、子どもの好きな動物の図案だと、より魅力的ですね!

穴あけパンチをした紙を使ったお仕事には、更に楽しい発展があります。近い将来ご紹介します♪


楽しく読んでいただけましたら応援ポチっとお願いします!
 にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
Ctrlキーを押しながらポチっとすると、画面が飛ばずにポチできます(^^)
関連記事

テーマ : 早期教育・幼児教育
ジャンル : 育児

★プロフィール

Mari

「のら犬」の由来は、住宅街を散歩/自転車で散策するのが大好きで、何でも美味しくいただき、食が太く早喰いなところから。モンテッソーリ教育教師養成校卒。娘はモンテッソーリ教育の幼稚園卒。児童養護施設、児童館、乳幼児サロン、幼児音楽療法教室他で活動中。小学生向けワークショップの企画、寺子屋運営もしています。

★応援ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ 
★最新記事
★インデックス
★読みたい記事を探す

★★★全記事一覧リスト★★★

★カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
★リンク
★Ads
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。