FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0~1歳児の“いたずら”心をくすぐる手作りティッシュペーパー箱

以前乗った電車の中で、1歳半くらいの子がママのバッグに手を入れて次から次へひっぱりだそうとし、ママがカリカリしている光景を見ました。懐かしいなぁと思う一方、子どもの「ひっぱる」運動の敏感期についてこのママが知っていたら、苛立たずに微笑ましく見守ることが出来るのにな、と思いました。

一般的には「いたずら」と呼ばれる行動も、子どもの側に立ってみるとちょっと違ってきます。

『3歳頃までは基本の動きを身につける敏感期にいるので、「ひっぱる」動きや手指の随意筋肉を獲得出来るものを環境の中から目ざとく見つけて、集中して何度も繰り返して獲得している』と見るのが、子どもの側に立つモンテッソーリ教育的な見方です(^^)。

RIMG1123.jpg
娘が0歳の頃に私が作った「いたずら用ティッシュペーパー箱」は、ひっぱるとティッシュペーパーにそっくりな白いガーゼハンカチが、つながって出てくるもの。紙と違って丈夫で、作るのも、後片付けも手入れ(洗濯)も簡単です。赤ちゃん仲間にもなかなか好評でしたので、ご紹介しますね!

★対象年齢: 0~1歳児。

★材料:
・ 白いガーゼのハンカチ 6~10枚くらい。
・ (派手なバンダナ 1枚。最後の一枚、びっくり用。)
・ ポケットティシュサイズくらいの小さな丈夫な箱 ※注

※注:
・箱はなめても平気なようにビニールコーティングがいいと思い、私はマグカップを買ったときに入っていた頑丈な縦長の箱に幅広の透明な梱包テープ(¥100ショップ)を貼って作りました。その箱はもう解体してしまったので、ここではその後購入した木製のポケットティッシュ用ケースを見本写真に使いました。
・ウェットティッシュのプラスチック容器を再利用するのも、穴の部分を大きく切り取る必要はあると思いますが、丈夫で清潔でいいかもしれません。

★準備:

・箱の上部にティッシュペーパーに見立てた白いガーゼハンカチが出てくる穴をあけます。
・白いガーゼのハンカチは、角と角を結んで長くつなげます。
・最後の一枚は、派手な大判バンダナでもいいかも。
・最後は穴から出ないように工夫します。(数回結んで玉を大きくする、厚紙をはさむなど)

★提示&MEMO:

・最後の一枚は、白から突然色柄ものに変わるびっくりの効果と、「これで終しまい」と知らせる効果を考えました。
・作ったら何気なく部屋に置いておくだけ。(但し部屋のデザインや配色を考えて)
・この時期の子どもは秩序の敏感期にいるので、いつも同じ場所に置いておくのがポイント!
・子どもがやり終えたのに気づいたらすぐに最初の状態に戻しておきます。

 にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
たくさんのママに読んで実践してもらうために、応援お願いします!ぺこり
関連記事

テーマ : 早期教育・幼児教育
ジャンル : 育児

★プロフィール

Mari

「のら犬」の由来は、住宅街を散歩/自転車で散策するのが大好きで、何でも美味しくいただき、食が太く早喰いなところから。モンテッソーリ教育教師養成校卒。娘はモンテッソーリ教育の幼稚園卒。児童養護施設、児童館、乳幼児サロン、幼児音楽療法教室他で活動中。小学生向けワークショップの企画、寺子屋運営もしています。

★応援ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ 
★最新記事
★インデックス
★読みたい記事を探す

★★★全記事一覧リスト★★★

★カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
★リンク
★Ads
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。