FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の季節に、傘の練習

kaeru02.gif 梅雨。この時期は傘の登場が多いので、「僕も持ちたい」「私もやらせて!」という子が多いと思います。子どもが「傘を自分で開きたい!」と興味を持っている時は、チャンス!梅雨で雨降りが多い今が、繰り返し練習のチャンス!

子どもは「出来ない」のではなく、「どうやってやったらいいかを知らない」だけなので、「やってみる?」と聞いて「やる!」と答えが返ってきたら、この機会に正しい傘の開閉・差し方・収納の仕方を子どもに伝授しましょ。「傘を差す」ことも、モンテッソーリ教育では【日常生活の練習】の分野に入る活動です。

傘を支える腕の筋肉がついて、タオルを(ゆるゆるでも)絞れるくらいになった子ども(3歳半くらい~)からOKだと思います。まずは雨が降っていない日に外で練習!

親が右利きの場合、手元がよくわかるように子どもを親の左側に立たせ、語らずにゆっくりスローモーションで見せてあげて下さい。活動の直接目的は、傘の開閉・差し方・傘立てへの収納の方法を知ることですが、傘を扱うときには腕の曲げ伸ばし、手首のひねりなど筋肉運動の調整も必要なので、体の動きの獲得という目的もあります。
kasa.jpg

★あらかじめマナー(注意)の話もしましょう!
・傘の開閉時には周囲の人や物に当たらないよう十分なスペースを確保しすること。
・傘を前に向けて差すと前が見えないので自分も周りの人も危ないこと。
・傘を閉じるときには濡れた傘の雫がかからないように、下を向けて閉じること。
・歩くときは車や周囲に注意すること。
・階段を上る時は、後ろの人に当たらないように傘をまっすぐ持つこと。
・歩道橋の通路など狭い道をすれ違うときには、相手に傘が当たらぬよう、すれ違う相手と反対に傘をかたむける「傘かしげ江戸しぐさのひとつ)」をする。
(参考: 図説 暮らしとしきたりが見えてくる江戸しぐさ) 
(参考: マンガ版「江戸しぐさ」入門―イキで素直にカッコよく

★子どもが示す興味のポイント:
・傘が力の入れ具合に比例して花のように開いていく。
・カチッという音がして、止め鋲がはまる。
・傘の傾け方次第で水が流れていく速さと方向が変わる。
・一駒(3角形の生地)をピンと引っ張って一枚一枚丁寧に巻いていくと、どんどんきれいに畳める。(一枚巻いたときに右手の親指で生地をきっちりおさえていくのがコツ。)


 にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
たくさんのママに読んで実践してもらいたいです。ポチお願いします。ぺこり
関連記事

テーマ : 早期教育・幼児教育
ジャンル : 育児

★プロフィール

Mari

「のら犬」の由来は、住宅街を散歩/自転車で散策するのが大好きで、何でも美味しくいただき、食が太く早喰いなところから。モンテッソーリ教育教師養成校卒。娘はモンテッソーリ教育の幼稚園卒。児童養護施設、児童館、乳幼児サロン、幼児音楽療法教室他で活動中。小学生向けワークショップの企画、寺子屋運営もしています。

★応援ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ 
★最新記事
★インデックス
★読みたい記事を探す

★★★全記事一覧リスト★★★

★カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
★リンク
★Ads
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。