FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの指先を鍛える、ひも通し♪

親指・人差し指・中指の3本の指を鍛えたい時期(2~4歳頃)に娘(現在5歳1ヶ月・新年長)がはまった、家庭で作れるモンテッソーリ教育風の教材【ひも通し】のご紹介です。男の子もハマりますよ!

「ストロー、紙、ストロー、紙、」と順番を間違えないようにつぶやきながら真剣に長い時間かけて取り組みます。ここだけの話、忙しい夕食の支度時間にうってつけ(笑)!
necklace.jpg 

★対象年齢: 2歳、3歳、4歳 (モンテッソーリ教育の3年保育の幼稚園では、主に年少さんが好むお仕事です。)

★材料

・テープ (ひもの先端に巻いてストローに差し込み易くするため)
ストロー(太めのもの): 2~3センチの長さに切っておきます。
色画用紙: 親指と人差し指でOKサインをする時くらいの丸の大きさ程度の、ハート型、花型、星型等に切って、中央に穴あけパンチでひとつ穴をあけておきます。(ぎざぎざや波線のはさみで切れば、シンプルな丸・三角・正方形でもたちまち可愛くなります!)
ひも(タコ糸でも、毛糸でもOK): ネックレスが出来る程度の長さに切り、ひもの先端は(片方だけ)ストローに差し込みやすくするためにテープを2センチ程巻いて補強しておきます。もう片方はストローや紙が抜け落ちないように、ひとつだけ紙を通してテープで止めておきます。

切った色画用紙、ストローはそれぞれ浅いかご等の容器に入れ、ひとつのトレーの上にまとめて場所を移動しても活動しやすいようにしておきます。

★提示
親が右利きの場合、手元がよく見えるように子どもを左側に座らせます。左手にストローを持ち、右手にビニールテープで補強されたほう の「ひも」の端を持ちます。語らずゆっくり、穴にひもを通していく様子を子どもに見せます。ストロー、紙、ストロー、紙、または、ストロー、ストロー、 紙、の順 に規則正しくひもを通して いきます。

「やってみる?」と声をかけます。「(今日は)いい」と子どもが応えたら、子どもを尊重してまたの機会に!

ストロー、紙の順番は、毎回違ってもOK!お好みで♪

<このお仕事は、針を使ったお裁縫のお仕事にもつながっていきます!>


RIMG0840.jpg

ところで、ハワイアングッズの店で小物を買ったら、娘がレイをプレゼントされました。そのレイをよく見たら、これも、花、ストロー、花、ストロー、の順番で作られていました(^^)!ちなみにひもはタコ糸でした。

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ 応援ポチっとお願いします!
Ctrlキーを押しながらポチっとすると、画面が飛ばずにポチできます(^^)
関連記事

テーマ : 早期教育・幼児教育
ジャンル : 育児

★プロフィール

Mari

「のら犬」の由来は、住宅街を散歩/自転車で散策するのが大好きで、何でも美味しくいただき、食が太く早喰いなところから。モンテッソーリ教育教師養成校卒。娘はモンテッソーリ教育の幼稚園卒。児童養護施設、児童館、乳幼児サロン、幼児音楽療法教室他で活動中。小学生向けワークショップの企画、寺子屋運営もしています。

★応援ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ 
★最新記事
★インデックス
★読みたい記事を探す

★★★全記事一覧リスト★★★

★カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
★リンク
★Ads
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。