FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンテッソーリ教育 文化教育とは?

モンテッソーリ教育には、「文化教育」という分野もあります。
地学」「地理」の「社会科系」、そして「生物」「時の流れと歴史」の「理科系」があり、さらに、造形美術、音楽、など宇宙にあるすべてが対象になります。

そもそもは、国の名前や国旗、国旗の成り立ち、動物の名前、植物の構成、などその特徴や生態を理解し、知ることから「地球」を意識し、感じ、「平和」を学んで生かしていってほしいというのが、100年前に戦争の時代を生きたモンテッソーリ博士の願いでした。

幼稚園などのモンテッソーリ教育の活動としては、日常生活の練習、感覚教育をじっくりやったあとのステップアップです。感覚教育の時に出てきた“対にする・段階づける・分類する”操作がそのまま引き継がれています。それまでに獲得した手や体の動かし方、言語教育・算数教育が、文化を獲得するための手段となり、相互に関連しあって展開していきます。モンテッソーリ博士は、「コズミックエデュケーション(宇宙的教育)」ということばで表しました。

文化教育の分野

地学・地理: 宇宙と星の誕生、太陽系の惑星の紹介、地球儀、地図パズル、国旗・国歌の紹介

生物: 生物と無生物の紹介、動物と植物の紹介、動植物の分類・分布、花葉の解剖、

時の流れと歴史: 昨日・今日・明日・1週間・月・年・季節・行事の紹介、カレンダー作り、時計の紹介

その他、造形美術、音楽、道徳、体育など、宇宙にあるすべて〜が文化教育の対象で、興味の種をできるだけ多くまくことが目的です。
insect_i_bs10.jpg

~ 応援お願いします ~
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ  
Ctrlキーを押しながらポチっとすると、画面が飛ばずにポチできます(^^)
スポンサーサイト

ワールドカップで世界の国旗を覚えよう!

サッカーのワールドカップ開催中です!
世界各国の国旗をテレビや雑誌などで目にすることが多いですね。

娘が通っていたモンテッソーリ教育の幼稚園では、オリンピックやワールドカップの開催前に、モンテッソーリ教育の【文化教育】の活動として、興味がある子どもは『せかいのこっきえほん』作りの活動(お仕事)をしていました。
africamini.jpg

ここでいう「こっきえほん」とは、「塗り絵」で作る自作絵本のこと。鉛筆を握る、ハサミで切る、枠に合わせて貼る、糊を伸ばす、などの【日常生活の練習】の要素が満載です。「アジア」「ヨーロッパ」「みなみアメリカ」「きたアメリカ」「アフリカ」など、地域で画用紙の色を分けて、数冊組の絵本を完成させます。(注:全ての国を塗るのは無理だけどね)

① 国旗の図柄のぬりえに、色鉛筆で見本通りに色を塗ります。
② ハサミで切り取ります。
③ 国の名前をひらがなで書きます。ハサミで切り取ります。
④ 画用紙に糊を(指で)貼ります。
⑤ 画用紙を半分に折って絵本のようにして、
⑥ 表紙に「アジアのこっきえほん」と書き、「自分のなまえ」も書きます。

asia mini
northamericamini.jpg
  完成!!

ところで、「ぬりえにする国旗の図柄はどうするの?誰が書くのさ?」と思った方いらっしゃいますよね?やはり。私もずっと、「国旗の図柄のぬりえ用紙を家でママが作るのは大変すぎ!ブログで紹介したいけどできないなあ」と思っていたのだけど、こんな本を発見しました。

ぬりえブック せかいのこっき (ぬりえずかん)ぬりえブック せかいのこっき (ぬりえずかん)
(2009/11/18)
不明

商品詳細を見る


これは既に一冊にまとまって絵本になっているけど、大陸ごとに1冊ずつ完成させる手作りの「こっきえほん」のほうが、集中力がまだ長く続かない年頃の子どもには達成感が小分けに訪れて、一層嬉しいかも。(本をコピーして使うとハサミや糊の練習もできていい。)


~ お役に立てたら、ポチっと応援お願いします ~
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ  
Ctrlキーを押しながらポチっとすると、画面が飛ばずにポチできます(^^)

テーマ : 早期教育・幼児教育
ジャンル : 育児

打ち水大作戦2013

暑い!暑い!

今年はなんと「打ち水大作戦」10周年だそうで、
大暑7月23日(火)から処暑8月23日(金)正午閉幕 で開催されます。

banner_logo_blue_75x75.gif 打ち水大作戦2013  http://uchimizu.jp/ 
みんなでいっせいに打ち水して、真夏の気温を2℃さげよう!
☆ 一度使った水や雨水を再利用することが打ち水のルール ☆
(つまり、新しい水道水は使わない、ということ。)
☆ 熱中症対策は充分に!☆
☆ 打ち水の作法とイロハ: 
http://uchimizu.jp/manner/ 

この打ち水大作戦、モンテッソーリ教育の日常生活の練習の分野として手のひらや手首、肘や腕の随意筋肉が鍛えられるし、【文化教育】の一環として地球や環境のことを考える興味の種まきになるし、モンテッソーリ教育的なイベントです。
──────────────────────────────────────
「ひしゃくで桶の水をすくって持ち上げる」
「すくう量を調節する」
「思い通りの方向に水をまく」
「玄関先をついでに水でお掃除する」

また、
「人や物には水をかけないようにする」
「なにもないところには勢いよく水をまく」
「植物のあるところでは優しくまく」
「土に水をまくときは泥がはねないようにそっとまく」 ということを考えたり、
「まいた水がすぐに乾くところ、なかなか乾かないところ」を調査したり、
「コンクリートにまいた水が蒸発して白い湯気になって立ち上る様子」を観察
したり・・・。
───────────────────────────────────────

ね!楽しく遊びながらいろいろ学べる興味の種まきです。
チャンスがあれば庭や公園で裸足になり、日なた・日陰、芝生の上、タイルの上、コンクリートの上、土の上などの温度の差を肌で感じてみましょう。そう!これはモンテッソーリ教育の感覚教育に通じる遊びです。

我が家は子どもが小さいときには毎年ビニールプールで遊んだあとの水を植木にやり、打ち水をしました。ペットボトルに入れてベランダのプランターまで持ち運んだり、庭やベランダの植木への水やりにはお風呂の手桶を使ったりバケツを使ったり、もちろんじょうろもOKです。

ビニールプールでは遊ばないわ、というご家庭では、お米のとぎ汁をシンクに流さずに別容器に溜めて使う、という方法がありますよ。水の節約にもなるし一石二鳥!

重いものを持ち上げたい(=重いものを持てる体を作りたい)年頃の子どもは、この打ち水活動を好むと思います♪

☆注意
・安全のためにクルマ通り多い場所へは水をまかないようにしましょう。
できればクルマの通りのない安全な場所を選んでやりましょう。
・特にカーブの途中、交差点、マンホールの上は 自転車、バイクにとっては滑りやすくなるため大変危険です!絶対に水をまかないこと。


にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ 応援ポチっとお願いします!
Ctrlキーを押しながらポチっとすると、画面が飛ばずにポチできます(^^)

テーマ : 日々のつぶやき
ジャンル : 育児

★プロフィール

Mari

「のら犬」の由来は、住宅街を散歩/自転車で散策するのが大好きで、何でも美味しくいただき、食が太く早喰いなところから。モンテッソーリ教育教師養成校卒。娘はモンテッソーリ教育の幼稚園卒。児童養護施設、児童館、乳幼児サロン、幼児音楽療法教室他で活動中。小学生向けワークショップの企画、寺子屋運営もしています。

★応援ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ 
★最新記事
★インデックス
★読みたい記事を探す

★★★全記事一覧リスト★★★

★カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
★リンク
★Ads
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。