FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運筆力をつけながら、アート!HOW TO編

前回のブログ【幾何学模様デザイン遊び】について、「線を引かないでどうやって模様が描けるの?定規は使うの?幅は何センチって決めるの?」など、今日は「どう描くか」のご紹介です!

対象年齢: 4~5歳~(幼稚園年中程度~)
材料: 画用紙・コピー用紙、 形をなぞれるもの、色鉛筆。(定規は使いません)

★正方形の幾何学模様
まず紙の長辺を半分に折り、そのまま再度長辺を折り、更にもう一回長辺を折ります(計3回)。写真では、わかりやすいように折り目を黒ペンで書きました。
RIMG0696.jpg

我が家にはモンテッソーリ教具「メタルインセッツ」はないので、ここでは四角いダイヤブロック(大きいサイズ)を使いました。四つ角をそれぞれの折り線に合せて置き、周囲を色鉛筆でなぞります。
RIMG0697.jpg

ダイヤブロックの中心は見えないので、頼りにできるのは角だけですが、折り線の四方に角を合せるだけでもこんな模様が出来てきました。

折り線の直線1本にブロックの対角になる角を合せるだけでも、模様は繋がって延びて行きます。正方形の角と角に合せてブロックを置いていってもOK!そんな繰り返し、そして紙やなぞるものの大きさによってもデザインは無限に拡がっていきます。
RIMG0698.jpg

★円の幾何学模様:

正方形の時と同じく、まず紙の長辺を半分に折り、そのまま再度長辺を折り、更にもう一回長辺を折ります(計3回)。写真ではわかりやすいように折り目を黒ペンで書きました。
RIMG0699.jpg

ここではお茶の缶の中蓋を使い、中心にマジックで大きめに●を書きました。それを折り線に合せて置き、周囲を色鉛筆でな ぞ ります。正方形のような角がないので、代わりに中心の●に線がくるように推測しながら描きます。(推測するのが難しいようなら、予めマジックで蓋に線を引 いておいてあげてもいいかもしれません。)
RIMG0700.jpg

交差点に円の中心を置くだけでなく、線と線の間に円がくるように置いてもOK!模様はどんどん繋がって延びて行きます。そんな繰り返し、そして紙やなぞるものの大きさによってもデザインは無限に拡がっていきます。
RIMG0701.jpg



にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ  応援ポチっとお願いします!
スポンサーサイト

テーマ : 早期教育・幼児教育
ジャンル : 育児

運筆力をつけながら、アート!【幾何学模様デザイン遊び】

前回のブログで、モンテッソーリ教育の幼稚園の娘のクラスで『デザイン遊び』が大流行した、と書きましたが、その流行はなんと3週間も続きました。

しかも『デザイン遊び』はだんだん進化して、『幾何学模様デザイン遊び』(写真左)になり、色鉛筆での塗り絵の要素も加わり、根気も必要になりました。正方形をつなぎ合わせた模様へと発展し、次には円を組み合わせた模様(写真右)に発展しました。
rimg0645.jpg RIMG0686.jpg

どちらも「メタルインセッツ」というモンテッソーリ教育の教具の使用方法を工夫して、正方形の紙を3度折りたたんだ折線だけを頼りに(軸にしたり端の目安にしたりで)上下左右対称に正方形や円を描き並べていきます。「メタルインセッツ」は、10種類の図形からなるスチール製はめ込み教具を使っています。図形を一つ選び、外枠、内型を順次紙の上に置き、鉛筆で形をなぞって、 色を塗るなど、指先の筋肉の訓練と同時に、鉛筆を用いて書くことの準備になる教具です。
gazou.jpeg 
もちろん初めは自分で模様を考えるのは困難なので、先生の見本を真似て描いたようですが、2枚め3枚めとなると、どうやったら位置がずれずに 上下左右対称に美しく描けるか、何色に塗ろうか、あるいは創作オリジナル模様を作ってみようか等、自分で考えながら集中して机に向かっていたようです。

年少さんの頃は、正方形や円に切った折り紙を画用紙に糊で貼って、同じような幾何学模様を描いていました。年齢によってお仕事が進化しているんですね!スモールステップで年齢にあったお仕事ができるのは幸せなことです!

どうやってこの模様を描くか、は次回!

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ  応援ポチっとお願いします!
Ctrlキーを押しながらポチっとすると、画面が飛ばずにポチできます(^^)

テーマ : 早期教育・幼児教育
ジャンル : 育児

運筆力をつけながら、アート!【デザイン遊び】

モンテッソーリ教育の幼稚園で年中の冬(5歳の誕生日前後)に娘がはまっていたのは、『デザイン遊び』でした。
gazou.jpeg
「メタルインセッツ」という10種類の図形からなるスチール製はめ込み教具を使います。図形を1つ選び、外枠、内型を順次紙の上に置き、鉛筆で形をなぞって、色を塗るなど、指先の筋肉の訓練と同時に、鉛筆を用いて書くことの準備になります

それを少しアレンジしたのが、デザイン遊び。
お仕事 (5)

枠を少しずつずらして、ついでに色にも変化をつけてどんどん書いていくと素敵なデザイン画が完成します。この教具を通しての運筆力をつける練習は、ひととおり終えた縦割りクラスの年中さんの間で大流行しました。

家でも、ビンの蓋を使ったり、厚紙を切り抜いたりして手軽に作れます
ぜひやってみてください!

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ  応援ポチっとお願いします!
Ctrlキーを押しながらポチっとすると、画面が飛ばずにポチできます(^^)


テーマ : 早期教育・幼児教育
ジャンル : 育児

クレヨンの収納が算数につながる!

遊んだ後、なにげなくケースにしまうクレヨン。その入れ方にもいろいろあります。
 色どりがきれいなグラデーションになるように入れたり、
 長い順(短い順)に入れたり、
 裏箱に書いてある収納例の通りに入れたり。
それだけで、充分に頭と手を使います。

img10541980175.jpeg

順に並べる(段階づける)、集合を作る(分類する)、という作業は、モンテッソーリ教育の感覚教育の分野で体験し、算数教育につながっていきます

そこで、さらに年中~年長さんくらいになったら子どもが並べようとする際に、
  「少ない回数で動かして見本の順番にしてみよう」とか、
  「何回動かすと並び替えが出来るかな?」
  「3回だけ動かして箱の見本通りの順番にするにはどう動かす?」
などと声をかけてみると、お片づけの時間がちょっとしたパズル遊びの時間に変身します。
しかも算数にもつながっている(^^)!

大人は昔やった『マッチ棒クイズ』(「二本動かして方向を変えてみよう」等)を思い出します。が、このクレヨン収納バージョンでは問題文は親(大人)自身が考えなければなりません(汗)。しかもクレヨンの並びの状況を把握していないとうまく声かけが出来ません(汗)。

余談だけど、物を左から右に並べるときは、常に大きさの大きいもの・長さの長いもの・重さの重いものを左に来るように置くと、秩序感があって子どもたちにわかりやすいです。例えば4桁の数字では、一番大きな千の位は一番左で一番小さな一の位は右なので、「大きいものは左なんだね!」と連想しやすくなる、というわけです。


にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ  応援ポチっとお願いします!
Ctrlキーを押しながらポチっとすると、画面が飛ばずにポチできます(^^)


<ご参考: 子育ての息抜きに!>大人向けマッチ棒クイズの本です!

あなたのIQがみるみるアップするマッチ棒クイズあなたのIQがみるみるアップするマッチ棒クイズ
(2004/12)
和田 秀樹

商品詳細を見る

あなたのIQがみるみるアップするマッチ棒クイズ (2)あなたのIQがみるみるアップするマッチ棒クイズ (2)
(2005/11/29)
和田 秀樹

商品詳細を見る

テーマ : 早期教育・幼児教育
ジャンル : 育児

「やじるし探検隊」のすすめ♪~やじるしを探しに散歩に出よう~

やじるし。世界中どこにいっても共通の印、矢印。「やじるしは わたしたちに どちらにすすめば なにがあるかを しらせてくれる。」・・・で始まるこの本。

毎日当たり前のように目にしているけど、矢印をピックアップして子どもと会話したことはそれまでありませんでした。娘が2歳前後のある日、たまたま古本屋さんで手に取った「やじるし」(福音館書店月刊雑誌・かがくのとも2004年11月号)は目からうろこで、その日から親子で「やじるし」にはまりました。

10336.jpg

散歩中も、サイクリング中も、外出先の至るところで、家の中で
、常にやじるしを意識し、遭遇しました。駅の表示、お店の看板、トイレ表示の矢印、信号機に取り付けられた道標など、案内の矢印はそこらじゅうにあります。隣の家との境界線にも、電信柱やマンホールのふたにも矢印、矢印。

まだまだあります。切符投入口、電車の踏み切りの往来を示す矢印、缶ジュースのリサイクルマーク、自動販売機のお金を投入するところ、びんのふたの開閉方向、パソコンのキーボード、電車の時刻表、CDコンポの再生ボタンやリモコンの温度設定や音量設定を表す三角形の矢印・・・。削られた鉛筆だって、矢印に見えます。

この「やじるし」、2歳の娘にとっては「初めて意識的に意識した形」だったかもしれません。「やじるし探検隊」(命名者:私)はとても楽しかったので、暇つぶしや散歩のご参考までにと思い、この散歩が楽しい季節にご紹介しました。

小学生以上の大きい子どもたちは、缶のリサイクルマークなどから地球温暖化/エコロジー対策の方向に発展させていったり、どんなルートでどういう工程を経てリサイクルされて、なぜ矢印マークなのか、調べ学習につながりますね。モンテッソーリの文化教育、つまり「知性の種まき」のきっかけは、「やじるし」からもたくさんありそうです!

やじるし、みなさんも探してみて♪ 

注: 「やじるし」の本は残念ながら出版元のバックナンバーが既に品切れで、もう書店で買うことは出来ないみたいです。図書館や古本屋さんで見かけたら、ぜひ!

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ 応援ポチっとお願いします!
Ctrlキーを押しながらポチっとすると、画面が飛ばずにポチできます(^^)

テーマ : 早期教育・幼児教育
ジャンル : 育児

★プロフィール

Mari

「のら犬」の由来は、住宅街を散歩/自転車で散策するのが大好きで、何でも美味しくいただき、食が太く早喰いなところから。モンテッソーリ教育教師養成校卒。娘はモンテッソーリ教育の幼稚園卒。児童養護施設、児童館、乳幼児サロン、幼児音楽療法教室他で活動中。小学生向けワークショップの企画、寺子屋運営もしています。

★応援ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ 
★最新記事
★インデックス
★読みたい記事を探す

★★★全記事一覧リスト★★★

★カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
★リンク
★Ads
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。