スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンテッソーリ教育 文化教育とは?

モンテッソーリ教育には、「文化教育」という分野もあります。
地学」「地理」の「社会科系」、そして「生物」「時の流れと歴史」の「理科系」があり、さらに、造形美術、音楽、など宇宙にあるすべてが対象になります。

そもそもは、国の名前や国旗、国旗の成り立ち、動物の名前、植物の構成、などその特徴や生態を理解し、知ることから「地球」を意識し、感じ、「平和」を学んで生かしていってほしいというのが、100年前に戦争の時代を生きたモンテッソーリ博士の願いでした。

幼稚園などのモンテッソーリ教育の活動としては、日常生活の練習、感覚教育をじっくりやったあとのステップアップです。感覚教育の時に出てきた“対にする・段階づける・分類する”操作がそのまま引き継がれています。それまでに獲得した手や体の動かし方、言語教育・算数教育が、文化を獲得するための手段となり、相互に関連しあって展開していきます。モンテッソーリ博士は、「コズミックエデュケーション(宇宙的教育)」ということばで表しました。

文化教育の分野

地学・地理: 宇宙と星の誕生、太陽系の惑星の紹介、地球儀、地図パズル、国旗・国歌の紹介

生物: 生物と無生物の紹介、動物と植物の紹介、動植物の分類・分布、花葉の解剖、

時の流れと歴史: 昨日・今日・明日・1週間・月・年・季節・行事の紹介、カレンダー作り、時計の紹介

その他、造形美術、音楽、道徳、体育など、宇宙にあるすべて〜が文化教育の対象で、興味の種をできるだけ多くまくことが目的です。
insect_i_bs10.jpg

~ 応援お願いします ~
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ  
Ctrlキーを押しながらポチっとすると、画面が飛ばずにポチできます(^^)
関連記事
スポンサーサイト

お正月明けに必見!骨盤まわりの脂肪を落とす、線上歩行(発展形)

item-0071.png
今日は、お正月で重くなった体に耳寄りな、モンテッソーリ教育風プチダイエット情報です。

線上歩行は、モンテッソーリ教育の『日常生活の練習』の中でも、大きく体をつかって随意筋を動かす活動です。子どもはある時期、平衡感覚を鍛えまっすぐにバランスを取れる体を作りたいために、無意識でブロックの上を歩いたり、歩道の線の上を歩いたりして、平衡感覚を身につけようとします

家の中でも、じゅうたんの端や、(お作法としてはNGだけど)畳のふちを歩いて練習出来ます。養生テープを床に貼っても、線は出来ます(紐はつまづくと危険だからやめましょう)。

で、子どもには線の上を黙々と歩いてもらうとして(笑)、本題!

骨盤まわりの脂肪を落とすには
線の上をまっすぐに歩くのではなく、線をまたいで“モデル歩きの大げさ版”みたいに歩く のがいいそうです。歩くだけで腹筋を使うので、脂肪が落ちていくそうですよ!

★歩き方図:(動画をアップできなくて残念)
左脚を出したら、中心線をまたいで右側に着地し、右脚を出したら中心線をまたいで左側に着地する。この繰り返し。

左脚●       ②右脚○     ④右脚○    ⑥右脚○
出発-->------>----->----->> 線/進む方向
右脚○   ①左脚●    ③左脚●     ⑤左脚●


忙しいママでも、子どものお昼寝中や家事の隙間時間に出来そう!
でもうっかり子どもに見つかったら、「なにやってんの~」と激しくつっこまれそうだけど(笑)


参考になりました?ら、応援ポチっとお願いします!
 にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
Ctrlキーを押しながらポチっとすると、画面が飛ばずにポチできます(^^)

関連記事

テーマ : 日常のひとコマ
ジャンル : 育児

Xmasツリー飾りの収納も算数につながる!

さて、クリスマスが来たらすぐ片付けて今度はお正月の準備!
忙しいし、素敵にクリスマスツリーを飾りつけする作業は楽しいけれど片付けるのは苦手、という方も多いのでは?そしたら片付けは子どもたちに任せちゃいましょう!
RIMG0028.jpg

小さいものを手でつまむ作業は、それだけで鉛筆やお箸の練習につながる大切な手のトレーニングです。さらに、それをなにげなくケースにしまうのではなく考えて収納することをすると、実はとても算数につながりますよ。 

 規則性を見つけて
 ・大きい順番に収納する、
 ・色別に収納する、
 ・種類別に収納する(サンタを集める、トナカイを集める、ベルを集める)、
 ・箱に貼ってある写真やイラストに合わせて元の箱に戻す、
 ・収納ケースの形に合わせて戻す …

規則性、秩序、一致、相違、集合、分類、・・・そう!算数です。
に並べる(段階づける)、集合を作る(分類する)、という作業は、モンテッソーリ教育の感覚教育の分野で十分に体験し、算数教育につなげていく大切な流れです。遊びの感覚で、算数の基礎的なことを身につけることができるといいですよね!(ママも助かるし!)

■こちらの記事も読んでね!
クレヨンの収納が算数につながる!
配膳と片付けから算数?!



にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ  応援ポチっとお願いします!
Ctrlキーを押しながらポチっとすると、画面が飛ばずにポチできます(^^)
関連記事

テーマ : 早期教育・幼児教育
ジャンル : 育児

画用紙と毛糸で手作りするクリスマスの靴下

クリスマスを前に、是非作っておきたいもの。
それはプレゼントをサンタさんにいれてもらうための靴下ですね!
クリスマス気分をぐっと盛り上げるために、今日はその靴下を手作りしましょ♪ ↑(^^)↑

縫い刺しはモンテッソーリ教育の『日常生活の練習』の分野の活動ですが、今回はまだ針は使いません。でも手の動きは縫い刺しそのもの。本物の針と布で活動する前に、紙とセロハンテープで練習するイメージです。この活動(お仕事)が将来的には刺繍や裁縫につながっていきますよ。

★対象年齢: 4歳、5歳~
RIMG2693.jpg
★材料
・毛糸 (靴下一周分+持ち手の長さ+多少の余裕)
・セロテープ少々 (毛糸の端を巻いて持ち刺ししやすくするため)
・赤い色紙(画用紙)
・ペン
・ひとつ穴の穴あけパンチ
・おこぼし入れ(落ちた穴部分(ゴミ)を受ける箱)
・トレー

★準備:
・毛糸の端(片端)を、持ちやすく刺しやすいようにセロテープを巻いて強くします。(ゴム通しや針のようなイメージ)
・材料はトレーの上にひとまとめにして、やりたくなったらすぐに取り掛かれるように、また、場所を移動しても活動しやすいようにしておきます。

★提示(見せ方):
親が右利きの場合、手元がよくわかるように子どもを親の左側に座らせて、「見ててね」のあとは語らずにゆっくりと見本を示します。

①2枚の画用紙を靴下の形に切ります(もちろん子どもに切らせてもOK)。2枚同時に切るのは難しいなら1枚ずつ。

②靴下形に切った画用紙の周囲の縁から約1cmのところにペンで太く大きくはっきり● (丸)を2cm位の等間隔で描き、その●(丸)に位置を定めて2枚一緒にパンチで穴を開けます。(2枚一緒が難しいなら大人が開ける) 
穴あけ方法の詳細→→、「100円ショップの1穴パンチが教材に!」。

③毛糸の端を玉結びにして(玉結びができないなら裏側にテープで止めるだけでOK)、テープを巻いて強くした毛糸の端を持って、縫い刺し開始です。

④上から下に毛糸を入れて、次の穴は下から上へ毛糸を出す、これをゆっくり見せます。

⑤繰り返します。最後は玉結びでもテープ止めでもどちらでも、子どもの成長に合わせて。

⑥「やってみる?」と尋ねます。「(今日は)いい」と子どもが応えたら子どもを尊重して、またの機会に!

★MEMO:
・一枚紙でイラストのまわりなどを縫う練習をするのも楽しいです。
0627あひるの縫い刺し

・手提げバッグも同じ要領で作れます。
1010バッグ2

時間の余裕があったら、ノルウェーのペーパーバスケットも作ってクリスマスを楽しんでね!
RIMG1738.jpg


応援ポチっとお願いします!
 にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
Ctrlキーを押しながらポチっとすると、画面が飛ばずにポチできます(^^)
関連記事

テーマ : 早期教育・幼児教育
ジャンル : 育児

難しい言葉・簡単な言葉

娘が幼稚園(モンテッソーリ教育)に通っていた頃の話。

花を写生して花の図鑑(もどき)を作成し、花の部位の名称を説明書きのように書き添え、覚えてきました。それが「くき」「めしべ」「めしべ」だけでなく、「ようみゃく(葉脈)」まで(*_*;。「幼稚園児には難しいんじゃないの?」と思いましたが、娘は意外にも「葉脈」をすんなり覚えました。(写真は、類似活動の「木」の図鑑の写真)
0909木の絵本 (4)

またある日、お風呂の浴槽で浮くもの沈むものを実験していたら、「すいぼつ(水没)!」と叫びました。「水没」なんていう難しいことばをいつのまに覚えた?! そして、仲良しのお友達の家では、5歳の子がママに「それは因果応報でしょ!」って怒られていました。驚いて尋ねると、その家庭では「因果応報」は普段から普通に会話で使っているとのこと。「因果応報」というボキャブラリーを5歳にして持っているって、すごい。

モンテッソーリ教育では、(難しい)言葉をそのまま伝えていきます。例えば言語教育では、ひらがなの読み書きをひととおり終えた子どもに、“清音”“濁音”などの用語を「これは“清音”といいます」というようにそのまま紹介します(つまり、子ども向けに噛み砕かずに教えます)。なぜ噛み砕かず“清音”“濁音”という言葉のまま紹介するか。

答えは、 gf_05.jpg 

モンテッソーリ教育では、 「子どもにはこの言葉は難しいから紹介しないでおこう」という大人の判断を入れるのは要注意で、子どもにとっては専門的な言葉も「いす」「おはし」と同じ「初めて出会う言葉」であり、同じ範疇にあると考えるから。

② 大人の判断によってあいまいにせず、あるがままの言葉として正しく伝えることが子どもの人格を尊重する というモンテッソーリ教育の姿勢のため。

③ 雑多に吸収した言葉を文字や品詞の特徴によって仲間分けしながら整理し語彙を増やし母語のしくみを正しく理解し表現する力を培うため。それが自国を愛し世界を愛すること、そして世界平和につながる、とマリア・モンテッソーリ博士は考えたから。

それで、これらの考え方から出発して、モンテッソーリの文化教育で、娘は花の部分名称やその後は地形の名称などの用語を現実のまま覚えて帰ってきたという訳なんです。

「子どもにとって初めて出会う言葉は、難しいも簡単もなく、全部“初めて出会う言葉”」

初めて聞いた(読んだ)時、「だから言葉は子どもに遠慮なく普通に使っていいのね!」って、とても感心&納得したことを覚えています。


~ お役に立てたら、ポチっと応援お願いします ~
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ  応援ポチっとお願いします!
Ctrlキーを押しながらポチっとすると、画面が飛ばずにポチできます(^^)
関連記事

テーマ : 早期教育・幼児教育
ジャンル : 育児

★プロフィール

Mari

「のら犬」の由来は、住宅街を散歩/自転車で散策するのが大好きで、何でも美味しくいただき、食が太く早喰いなところから。モンテッソーリ教育教師養成校卒。娘はモンテッソーリ教育の幼稚園卒。児童養護施設、児童館、乳幼児サロン、幼児音楽療法教室他で活動中。小学生向けワークショップの企画、寺子屋運営もしています。

★応援ありがとう♪
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ 
★最新記事
★インデックス
★読みたい記事を探す

★★★全記事一覧リスト★★★

★カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
★リンク
★Ads
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。